株式会社ドリルと共同で、日本酒の枡をアレンジしたデバイスを開発しました。

食品衛生法適合素材を使用しており、実際にお酒を飲む枡としてご利用いただけるとともに、オリジナル設計の基盤から再生する映像が逆ピラミッド型の内部に映し出され、立体的なホログラムとしてお楽しみいただけます。

ワインの味が事前の情報をもらうことで大きく変わることが科学的に実証されているように、日本の伝統と最新のテクノロジーを掛け合わせることで、味わいを深め、日本酒離れしている若者や外国人の心を掴みます。

2019年6月17日にプレスリリースを発表し、6月26日と27日に中目黒のレストラン「PAVILION」にて体験イベントを開催しました。

弊社は、3DCGデザイン、筐体制作、基盤開発を担当しました。

今後の商品化に向けては、スマホアプリと連動したシステムなどを検討しています。