株式会社電通クリエーティブXとトンガルマンの共同で、ARアプリケーション「HANKOHAN」を開発しました。
人の顔を撮影してアプリ上でハンコの印面を生成し、その印面を専用のアプリで読み取ると、本人の顔写真と名前がARとして画面上に浮かびあがる体験型コンテンツです。

 

SXSW - HANKOHAN画像01

トンガルマンでは、ハンコの印面を読み取って画面上に本人の顔と名前をAR表示するiPadアプリの制作を担当しました。
このコンテンツは、SXSW2019の電通クリエーティブX HANKOHANブースにて展示され、多くの方々に体験していただきました。

SXSW - HANKOHAN画像03