< PREV NEXT >

トンガルマン|tongullman.co.jp

Works

  • ドコモモーションシアター なりきりドコモダケ&フォトコレ仕分け人
  • ドコモモーションシアター なりきりドコモダケ&フォトコレ仕分け人

ドコモモーションシアター
なりきりドコモダケ&フォトコレ仕分け人

Outline

グランフロント大阪のドコモショップ店内にある、Kinect(キネクト)アプリに新コンテンツを追加しました。
追加したコンテンツは、【なりきりドコモダケ】【フォトコレ仕分け人】です。

【なりきりドコモダケ】
Kinect(キネクト)センサーにより、人物の顔の位置を検出。
すると、頭上にキノコ画像が表示され、あたかもドコモダケを被っているかのような体験ができるコンテンツです。

さらに、時間経過により、キノコを被った状態のまま画面がキャプチャされます。
そのキャプチャ画像を、お持ちのカメラやスマホで撮影できるようになっています。

画面中央に近い2名まで、骨格認証により手の動きを認識し、手動でキノコの着せ替えを行うことができます。
キノコの表示自体は、最大6名まで可能です。

複数人で楽しめるコンテンツとなっており、撮影した画像を、Facebookなどで拡散してもらうことを狙いとしています。

【フォトコレ仕分け人】
ドコモさまのスマホアプリ「フォトコレクション」の紹介コンテンツです。
フォトコレクションとは、スマホで撮った写真や動画を、クラウド上に簡単にバックアップできるサービスです。

フォトコレクション

このアプリを使えば簡単に画像を整理することが出来るのですが、Kinect(キネクト)を使って、画像を振り分ける作業をゲーム感覚で楽しんでもらう、というのがこのコンテンツの狙いです。

プレイが開始されると、モニタ画面内のスマホから画像が出てきて、手にくっつきます。
その画像を、「人物」「場所」「イベント」の各カテゴリに振り分けていきます。
制限時間は30秒で、いかに多くの画像を振り分けることができるかを挑戦して頂きます。

1人プレイ、2人協力プレイの選択が可能です。

Point

【なりきりドコモダケ】
最大6人の人間が画面前に立っても、キノコの位置ズレが出ないように試行錯誤し、Kinect(キネクト)の画角調整を行いました。

いかにして「キノコを被っている」ように見せるかがポイントでした。

【フォトコレ仕分け人】
腕を振る角度や速度を検知することで、画像が手から離れるようにしました。
複数人数での検証により、平均的な腕の振り方を調査。
誰が操作しても、ほぼ同一の動きになるよう調整を重ねました。

また振り分けた枚数によって、結果画面にランクを表示し、競争心をあおるようなエンターテイメント性を盛り込んでいます。

Credit
株式会社電通テック