< PREV NEXT >

トンガルマン|tongullman.co.jp

Works

airderby

AIR DERBY

Outline

第82回日本ダービーの街頭プロモーションイベント用に『AIR DERBY』を制作しました。

『AIR DERBY』はKinectを使用した「鞭を叩く」、「手綱を前後に動かす」、「上半身を前後にゆする」などのジェスチャーによって操作する競馬さながらのレースゲームです。

クラウドサーバを使用してPCを連携させることで最大4人までリアルタイムでの対戦を可能にしています。

Point

レースが佳境に差し掛かる終盤にはジェスチャーだけでなく「表情認識」機能によって、ユーザーの「笑顔」を検知すると加速させる仕の実装や、レース画面も競馬場からサイバーチックな空間に変化させるなどラストスパートを盛り上る演出を盛り込んでいます。

制作部分だけでなく、企画段階から本プロジェクトに携わり、機材構成の立案やコンテンツ全体の仕様策定も弊社で担当しています。

airderby

会場の様子

新宿で行ったイベントでは常に行列が出来ている状態で
1週間で大変多くのお客様に来場いただきました。

airderby

顔認証システム

笑顔などの表情変化も取得するために、より繊細な認証センサーを実装しました。
また騎手にユーザーの顔を表示させる事でエンターテイメント性も高めています。

実際のレースの様子

レース後半になると息切れする程白熱した方も多く、
まさに熱狂的な空間を演出する事が出来ました。

Credit
クライアント:日本中央競馬会
エージェンシー:株式会社電通 / 株式会社テー・オー・ダブリュー