< PREV NEXT >

トンガルマン|tongullman.co.jp

Service

iBeaconアプリ開発

iBeaconアプリ開発

iBeaconとは、「Beacon(ビーコン)」と呼ばれる電波を受信することで、数十cm~数十mという範囲(精度)でビーコンの発信器の位置を「特定・確認」できる「機能・サービス」です。
2013年にAppleが発表した技術で元々iOS用でしたが、Android 4.3以降では対応しているAndroid端末でも利用が可能となりました。
O2O(オンラインの情報活動をオフラインの購買につなげる施策)の切り札とも言われている、注目の技術です。

サービス概要

iBeaconはビーコンを発信し続ける専用ハードと、ビーコンを受信して様々な動きをするスマホアプリでの構成が基本となります。

iBeaconを利用して「店舗に近づいた時にクーポンのプッシュ配信」「商品に近づいた時に商品情報を配信」などユーザの接近をトリガーとした情報発信が可能になります。
他にもスタンプラリーのスタンプ替わりにiBeaconを利用してデジタルスタンプを押したり、オリエンテーリングのチェックポイントにIBeaconを利用する事もできます。

今までもGPSを利用した位置情報を取得する事は可能でしたがiBeaconではより正確に細やかに判定を行なうことが可能になります。
アイデア次第で様々シーンに応用する事ができます。

またiBeaconは「省電力」というのも特徴のひとつです。
ボタン電池ひとつで1年~2年動作する事が出来るので電源のない場所への設置も容易。
あらゆる機器がネットとつながるIOT(Internet Of Things)時代の担い手となりうるデバイスです。

店舗近くのユーザにクーポン配信

店舗にiBeaconを設置し近くに来たユーザに
クーポンを配布する事で店内に誘導します。
店舗付近のユーザへの情報提供なので通常のpush配信よりも誘引力があります。

来店でのポイント付与

店舗にiBeaconを設置し近くに行くだけでポイントを付与します。
店員や機械の操作がないため店舗側の負担も少なく、ユーザも煩わしさがありません。

スタンプラリー

iBeaconはボタン電池でも1年~2年動作する事が出来るので、屋外の設置も可能です。
またそれぞれ固有の識別子がついているので複数台利用する事で複数のチェックポイントを作ることが出来ます。